Letter004:食べ物からプラスチックがつくれる!?

食べ物からプラスチックがつくれる!?

「バイオプラスチック」をじぶんでつくってみよう。


海をまもろうletter 004

もくじ

バイオプラスチックを生み出した高校生の女の子

わたしはトルコに住む16歳のこうこうせい。

Hi!! I’m Elif Bilgin / エリフビルギン !

ついに…食べものからちきゅうにやさしいバイオプラスチックができた!

みんなが大好きなバナナ。
食べたバナナの皮をただすてるのはもったいないよね!

これをすてずに使うの!
とってもかんたんで家でもできるのよ。もちろんくさらない!

さぁ!あなたもやってみよう!

しってみよう やってみよう

夏の自由研究にやってみよう!!
キミもこれで科学者だ!

牛乳からつくるバイオプラスチック

なんで??牛乳からプラスチックができるの??

牛乳から作り出すプラスチックは「カゼインプラスチック」というよ。
牛乳の中のタンパクしつは、水分の中でバラバラになってうかんでいるよ。
そこに酢を加えるとタンパクしつどうしが集まって、ねん土のようなかたまりになります。
これにねつを加えると、水分がぬけて、カゼインどうしが強くくっつきます。
こうして「カゼインプラスチック」ができるのです!!

用意するもの

  • 牛乳
  • 酢(またはレモン汁)
  • 型(手で形成する場合は無し)
  • キッチンペーパー

制作時間: 1時間  難易度:★★★

つくりかた

STEP
牛乳を沸騰するまで温める。そこに酢を少しずつ加えて混ぜながら様子を見る。中に固まりができてきたら、酢を加えるのをやめる。
STEP
ふきんでこす (カッテージチーズの出来上がり!) ふきんに包んだまま水洗いをする(流水で)
STEP
絞ってからキッチンペーパーで水気をとる。ここでしっかり水を切るのがポイント。
STEP
かたちをつくる。すきなかたちにしよう!型をつかってもOK !
STEP
耐熱皿に入れてレンジ(500W)で 1 分ずつ、固まるまで加熱する。
STEP
完成!!(色をつけてもいいね)

【ポイント】自然乾燥なら2日くらいで固まるよ(電気を使わない!これも大事だね)

もっと実験しよう

生分解性プラスチックなので、土にうめると微生物により分解されて土にかえります。とってもエコなプラスチックだよ!

STEP
①何分で固まるかな?加熱したり自然乾燥で様子を観察して記録をしよう!
STEP
②牛乳にも「低脂肪乳」や「加工乳」など、さまざまな種類があります。これらを使ってカゼインプラスチックを作り、固まりかたや色のちがいを確かめてみよう!
STEP
③土に入れたらどのくらいで土に戻る?水の中でも分解するのかな?比べて記録を取ろう!

おわりに

今回の「海をまもろうレター」はどうだったかな?
ビーチクリーンの時などにまた感想を聞かせてね。

海をまもろうレターのバックナンバー、プリント版は公式LINEから確認しよう。

友だち追加

公式LINEで「ビーチクリーンに参加連絡」をしてもらう際、バックナンバーのほしい番号を伝えてもらえると、次回のビーチクリーンの時に用意してお渡しします。気軽に声をかけてね。

  • URLをコピーしました!
もくじ